プレイ入門

プレイを思う存分楽しむ為のポイントを掲載しています。
メルマガ会員募集中
じっくりお読みになってご理解くださいませ。そして、未知なるSMの世界にお越しください。
戻る
『Sadistic』はあなたのSMプレイ"デビュー"を応援いたします!

このページは、せっかく初めてSMクラブを利用しようとされている方が、つまらない失敗や後悔をされないように、クラブの基本的な楽しみ方を指南しております。私がクラブ運営を始めようと思ったのは、『メディアを通じてSMの知識はあっても、どこで実践を経験したらいいのかわからない』という方が、非常に多いだろうと感じたのがきっかけです。この日本中に性別は問わず、誰にも言えずにSM願望を胸の内に秘めている人がどれだけいることでしょうか。もちろん私もそんな一人でした。私は偶然にも実践を経験できる環境と出会うことができましたが、まだまだ初心者の方が安心して飛び込める環境が少ないという事実は否めません。

Sadisticはそんな迷えるSM願望者を支援することが使命だと考えております。それでは、前置きが長くなりましたが、初心者の方は是非じっくりお読みください。

※初心者の方の為の「プレイ講習コース」もございます。

>>> 事前にシミュレーションを・・・

いざ女性を前にして、『え〜っとまずは何をしようか・・・』というのはありがちな話です。限りある時間がどんどん過ぎてしまいますし、M女性を相手にするわけですから、できれば主導権はあなたが握って、リードしてあげる方がベターですよね?
初めてのプレーで緊張するのは当たり前ですし、恥ずかしいことではありませんが、少しでもスムーズにたくさんの時間を楽しむ為にも、必ずプレイの段取りを頭の中で整理しておきましょう。
・・・まず女性だけ脱がせて、縛って羞恥プレイ、そのまま四つん這いにして・・・
こんなレベルでも何も準備しないよりは時間をロスしないで済むと思います。

>>> コミュニケーションは成功の鍵

ひとくちに“SM”と言っても、願望や嗜好は人それぞれ違います。
当クラブのM女性たちもまた、それぞれのSM感を持っております。双方がそれを理解することで、より満足いただけるプレイが可能になるものです。もちろん、会員登録の際にお客様の嗜好などはお伺いいたしますし、当サイト上でも女性の好きなプレイなどを紹介しておりますが、ホテルまでの移動中やシャワー室で『今日はどんなことをしようか?』など、具体的にプレイについて話し合っておくと良いでしょう。遠慮をせずに自分の希望を伝えることが重要です。また、予め『痛いのでもう少し弱くしてほしい』『これ以上は無理』というサインなどをそれぞれ決めておくと良いでしょう。一般的には『お許しください』などが、そのサインにあたります。M女性を理解して、満たしてあげられる方こそが、ご主人様の称号を得られるのです。

>>> いざプレイが始まったら・・・

恥ずかしがったりはせずに、雰囲気やシチュエーションを大事にしましょう。M女性のスイッチが入ったのを見て、自分もスイッチが入るというS男性も多いようですが、先にあなたがスイッチを切り替えて、女性をプレイモードに導いてあげましょう。プレイ中は女性の体を気遣ってあげましょう。始めのうちは『大丈夫?』などと声を掛けてあげるのがベターです。『雰囲気を壊すからそれは嫌だ!』という方は、女性の反応を注意して観察してください。初心者がプレイに夢中になり過ぎて、冷静な判断ができなくなると非常に危険です。女性への気遣いさえ忘れなければ、技術を必要とするもの以外であなたのプレイに正しいも間違いもありません。胸の内に秘めていた願望を、思う存分開放してください!

>>> プレイが終わったら・・・

プレイが終了したら、愛情を持って女性を労わってあげましょう。SMプレイはM側に非常に肉体的負担がかかります。どのようなプレイ内容をしたかにもよりますが、『よく頑張ったね』『すごくイヤらしくて興奮したよ』などと褒めてあげれば、M女性のあなたへの服従心はより一層強まるものです。もし、お遊びいただいた女性を気に入っていただけましたら、『次はこんなプレイをしてみよう』などの会話ができれば、次回はより楽しいプレイ時間をお互いが過ごせると思います。また、コースの終了時間までに余裕があれば、その日のプレイを2人で振り返って、お互いに『ここが良かったとか』『ここはこうして欲しかった』などの会話ができれば、今後のプレイをする時の参考になると思います。

>>> おまけ(SM嬢に嫌われる会話集)

『何故こんな仕事してんの?』
と、つい聞ききたくなる気持ちは分かります。しかし、『じゃぁ、あなたは何しにここに来たの?』ということになってしまいます。お金だけが目的というケースの多い他の風俗店の女性と違い、SM嬢は興味や趣味、あるいは生き方としてSM嬢を選んでいることの方が多いのです。あなたと同じ変態さんだからいるんです。SMクラブは、お客様だろうがSM嬢だろうが、変態さんが堂々と変態として楽しむことの出来る場所です。自分だけがノーマル顔するのは、マナー違反というものです。
『外で個人的に会わないか?』
これはSM嬢にとって、自分を気に入ってくれたというより、SMクラブに料金を払いたくないだけのケチな方と思われます。 SM嬢はクラブがしっかり管理して守ってくれているからこそ安心してプレイができるのです。
『本番やらせてよ』
論外です。これを口にした瞬間、あなたの評価は「最低の客」に成り下がります。黙っていればわからないとか、別にお金をあげるから、という人もいるようですが、そういう問題ではありません。場が一気にしらけますので『言うだけだったらタダだし』という考えがもしあるならば、一切そんな考えは捨ててください。
せっかく入会していただくのですから、SM嬢に愛される変態さんを目指しましょう。

戻る