ダークウエブ

ダークウェブの入り方は?TORブラウザで検索エンジンにアクセスする方法を調査!

ダークウェブ 入り方 TOR ブラウザ 検索エンジン アクセス
Pocket

ダークウェブは通常では閲覧できないウェブサイトで、googleやyahooなどの検索エンジンにはヒットしません。

また、一般的なブラウザでは閲覧できず、特別な入り方をしなければアクセスできないのです。

えー、まさに闇サイトだね。怪しいけど、隠されちゃうと気になってのぞきたくなるなあ~

そんなダークウェブの入り方として、TORブラウザで検索エンジンにアクセスする方法がありますが、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

TORとは何なのか、ダークウェブにアクセスする方法と危険性についてもまとめました。

 

ダークウェブの入り方はどうすればいいの?

ダークウェブ 入り方 TOR ブラウザ 検索エンジン アクセス出典元:NTTコミュニケーションズ

ダークウェブとは、インターネットからIPアドレスを隠すウェブサイトによってできています。

そのため、一般的なインターネット検索ではヒットせず、特定の方法でなければアクセスすることができません。

では、どうすればダークウェブに入ることができるのでしょうか?

その方法と注意点についてご紹介します。

 

ダークウェブで何ができるの?

ダークウェブ 入り方 TOR ブラウザ 検索エンジン アクセス出典元:安全堂

そもそも、ダークウェブは何のために使われているのでしょうか。

ダークウェブは一般的なウェブサイトと違い、匿名性が高いのが特徴です。

そのため、プライバシー保護のために合法的に利用されるか、違法な目的でも利用されています。

ダークウェブにアクセスすれば、一般的なサイトでは閲覧できないような内容のものを見ることができますが、違法性があるものも多いので利用の際は注意が必要です。

わざわざダークウェブを使うっていうことは、一般のウェブサイトではできないようなことをしたいからだよね!興味本位で近づく場所ではないのかも・・・

 

アクセスする方法は?


ダークウェブにアクセスするには特別なブラウザが必要になります。

普段使ってるchromeとかinternet explorerとかではアクセスできないってことだね!

これは、ダークウェブ上のウェブサイトはIPアドレスが隠されているからです。

まずダークウェブにアクセスする前に、ダークウェブ上には危険がたくさんあり、違法なことも行われているということを理解しておきましょう。

ダークウェブへはFreenetやI2Pなどの暗号化されたP2P通信を利用することでアクセスが可能ですが、中でも最も有名な方法はTORを利用する方法です。

うーん、何だかよくわかんないけど、このTORっていうのを使えばダークウェブに入れちゃうんだね。

TORを利用すること自体に違法性はありませんが、それを使って行うことについては完全に自己責任ということを忘れないようにしましょう。

 

ダークウェブは危険なの?

出典元:Business Insider Japan

ダークウェブは匿名性の高いウェブサイトのため、違法なことにも利用されているのが事実です。

ダークウェブにアクセスすること自体は違法ではありませんが、中には犯罪者が運営するウェブサイトもあるので、犯罪に巻き込まれたり被害にあってしまう、もしくは自分が犯罪者になってしまう可能性もあります。

考えられる危険を挙げればキリがありませんが、例えば以下のようなトラブルにあってしまうかもしれません。

  • 違法な商品やサービスを購入してしまう
  • 詐欺被害にあう
  • 個人情報の漏洩、クレジットカード情報を盗まれる
  • ウイルス感染

また、ダークウェブでは利用者もウェブサイトも身元が分からないようになっているため、何か起こっても誰にも頼ることはできません。

ダークウェブでは違法なことや犯罪に関連することが行われていると分かっていながら、なかなか取り締まりができないのが現状なんだね。

何度も言いますが、利用するのは完全に自己責任です。

 

TORブラウザで検索エンジンにアクセスする方法


ダークウェブにアクセスする方法としはてTORが有名ですが、実際にどうすればアクセスできるのでしょうか。

方法を知れば誰でも簡単にアクセスすることができますが、特徴や注意点をしっかり理解した上で利用するようにしましょう。

使い方が分かっても慎重に行動しようね!

 

TORって何?


TORとはThe Onion Routerのことで、メッセージを暗号化して交換するためのものです。

TORを使えば、こちらのIPアドレスを相手に知られることなく匿名でアクセスすることができます。

しかしその際、何層にもわたって暗号化されたデータがルーターを通過するたびに暗号化の層を取り除いて複合化されていくので、動作がとても遅くなってしまうという点がデメリットです。

なんかすごいね~!パソコンの中でとんでもないことが起こってるみたい。重たくなるのも当然だね!

複雑そうですが、TORを使用するためのツールはインターネットから入手できるので、方法を知ってしまえば簡単に使うことができます。

 

TORで検索エンジンにアクセスする方法


では実際にどうやってTORを使ってダークウェブにアクセスしていくのかをご紹介します。

手順は以下の通りです。

  1. TORのウェブサイトにアクセスし、ダウンロードする
  2. VPNに接続する
  3. TORを開く
  4. 検索する

まずはTORを利用するためにダウンロードをします。

TOR自体は安全なので、普通にダウンロードしても問題はありません。

次に、VPNがなければ取得して接続します。

VPNは利用しなくてもダークウェブにアクセスすることはできますが、TORのみで使用するとセキュリティが万全ではありません。

VPNを利用することでデータを暗号化し、IPアドレスを隠すことができるので、セキュリティを強化することができるのです。

直接ダークウェブに入るんじゃなくて、間でVPNを経由してアクセスするようなイメージだね!

ダークウェブをより安全に利用するためには、先にVPNに接続してからTORを開いて検索エンジンにアクセスする方法をおすすめします。

そしてTORを開いて検索すると「DuckDuckGo」という検索エンジンに誘導されます。

DuckDuckGoとは閲覧したサイトが追跡されない、プライバシー保護に特化した検索エンジンです。

これで普通にインターネット検索をするだけで、ダークウェブのサイトを閲覧することが可能になります。

 

実際にアクセスした人の感想は?

ダークウェブ 入り方 TOR ブラウザ 検索エンジン アクセス出典元:Yahoo!ニュース-Yahoo!JAPAN

ダークウェブが一体どのようなものなのかを知るために、実際にアクセスした人の感想を見てみましょう。

男性の口コミ
男性の口コミ
トーアで覗く分には危険度は少ないです 当然セキュリティ最大で追跡される恐れが無いとはいえないので短時間限定で

男性の口コミ
男性の口コミ
そもそも、ダークウェブ自体、そんな危険なところじゃないです。 そこにあるコンテンツはまあまあ危険だったりしますが、ダークウェブ自体は危険ではそんなに無いです。

ダークウェブをTORで利用すること自体は危険ではないという利用者の意見がありました。

どの利用者も完全に安全だと言っているわけではなく、使い方に気を付ければ大丈夫といったニュアンスのようです。

男性の口コミ
男性の口コミ
見るだけならば、TOAを使えばある程度は見れます。が、基本的には外国語サイトだらけで、読むだけで疲れますし、情報の入力に至る事自体ありませんから危険ではありません。ただ、日本語サイトの怪しいサイトの場合には絶対にいかなる情報も入力してはいけません。 「見てるだけ〜」ならば大丈夫です(笑)

男性の口コミ
男性の口コミ
私はマルウェアの検体が欲しかったので侵入しましたが、VPNとウイルス対策を最高にしてウェブカメラを塞ぎました。

ダークウェブには危険があるということを知りながら、しっかり注意と対策をして利用されています。

なんとなく興味本位で覗いてみるような行為は大変危険です。

どうしても利用したい場合は、しっかりと知識をつけてから万全の体制で挑みましょう。

ダークウェブそのものは危険ではないという意見もありますが、十分危険になりうる場所です。

詐欺などの被害やウイルス感染だけでなく、自分が犯罪者になってしまうというリスクもあるのです。

入り方が分かったからといって、軽い気持ちで入って取り返しのつかない事態にならないように気を付けなければいけません。

 

まとめ


ダークウェブは、一般的なブラウザや検索エンジンでは閲覧できないウェブサイトです。

そんなダークウェブの入り方には、TORブラウザを使って検索エンジンにアクセスするという方法があります。

TORは誰でも簡単に使用することができ、TORブラウザを使うこと自体は危険ではありませんが、ダークウェブにはウイルスや犯罪リスクなどの危険がたくさん潜んでいるのです。

軽い気持ちでむやみにアクセスすると思わぬ事態になってしまう可能性もあります。

危険じゃないよ!って言う人もいるけど、それは「しっかりと対策をして気を付けていれば」の話だね!

ダークウェブの危険性については十分理解し、何かあっても自己責任であるということを承知の上で、細心の注意を払って利用するようにしましょう。